業界初!
UE5 対応!

10万人以上の
リアルタイム接続実績あり!
大規模マルチプレーヤーシステムが
構築可能な「Diarkis」

  • 国内企業だからこその手厚いサポート
  • 利用実績10社以上!
  • リアルタイム通信のスペシャリスト

こんな課題は
ありませんか?

  • リアルタイムサーバーの
    構築
    がしたい
  • ゲーム環境構築/
    マルチプレーヤーシステム
    構築
    がしたい
  • 同時接続システムの
    構築
    がしたい
  • サーバーを安定稼動
    させたい
  • 海外展開
    も視野に入れている

それ… Diarkis で
全て解決できます!

Diarkisはオンラインゲーム
・メタバース等、
リアルタイム通信を実現する
ソリューションです。

国内企業による手厚いサポート
海外展開のサポートも可能
英語でのサポートや海外でも使用できるサーバー環境を構築
同時接続システム
リアルタイムサーバー構築
ゲーム開発・メタバース・バーチャル世界など、様々な用途で使用可能
導入後のサーバー稼動も安心
サービスを止めずにサーバー更新が可能なので、ユーザーにも安心
サーバー環境構築のスペシャリスト
開発・環境のコンサルティングから開発まで一気通貫

Diarkis で実現できること

オンラインゲーム
同時接続上限なし
クロスプラットフォームを
容易に実現可能
ユーザーが増えても価格は一定
メタバース
大規模マルチユーザー間の
コミュニケーションが可能
バーチャルライブ
展示会イベント
10万人同時接続実績あり!
バーチャルライブ人数制限なし
ユーザーが増えても価格は一定

Diarkis が選ばれる理由

  • MatchMaker
    数十万を超える
    高速マッチメイキング処理が可能!
    レベルやランキングなどのユーザーの属性に基づいて他のユーザーやルームをマッチさせることができます。数十万を超えるマッチメイキング処理を高速に行うことが可能です。
  • Field
    大規模な
    MMO アプリケーションに最適!
    大規模な MMO アプリケーションに適しており、世界(サーバー)を分割することなく、クライアント同士がオープンワールドで通信することができます。

そのほかにも様々なリアルタイム通信機能を提供

ユーザー間チャットシステム
P2Pシステム etc.

  • Diarkis Room
  • Diarkis Group
  • Diarkis P2P

利用実績一覧

  • 株式会社Colorful Palette(Colorful Palette Inc.)
  • JP GAMES, Inc.
  • 株式会社Synamon (Synamon Inc.)
  • 株式会社パンドラPANDOLOR Inc.
  • アイレット株式会社
  • 一般社団法人 組込みシステム技術協会

よくあるご質問

リアルタイム通信サーバーは他社でもあると思いますが、Diarkis ならではの強みは何ですか?

他社と異なるのは、サーバー側の仕組みです。オートスケールができるような仕組みになっているので、ユーザーのトラフィックに合わせて、サーバーの縮退を自動化または自動運転が可能です。サーバーがいったん動き出せば手間はほとんどかかりません。サーバー側の心配をせず、ゲーム作りにコストも人材も集中させることができます。

海外も視野に入れていきたいのですが、サポート可能でしょうか?

可能です。英語でのサポートはもちろん、海外でも使用できるようなサーバー環境構築を行っております。サービスのグローバル展開に合わせて、当システムをご利用いただけます。ドキュメントは日本語/英語に対応しております。

Diarkis の開発環境の指定はありますか?

サーバーの開発は Go あるいは C/C++ で開発することができます。クライアントの開発は C#、C++ に対応した SDK を提供しており、Unity、UE でご利用いただけます。WebSocket には Javascript の SDK を提供しています。

Diarkis が対応しているプラットフォームはなんですか?

Gaming(Unity(C#),Unreal Engine(C ++))、Web(Browser(Javascript)、WebGL(Unity (C#))、IoT(RaspberryPi,ESP32) に対応しております。

導入までの流れ一例

  1. 初回お打ち合わせ
    条件・要望をヒアリング
  2. 動作検証
    実際に Diarkis を触って御社の要望に合うかを検証
  3. お見積
    契約
    企画内容・開発費用等を双方合意後、契約
  4. システム開発
    リアルタイム通信に係るサーバー開発。定期的に開発の途中経過を共有・フィードバックを実施
  5. 運用
    開発完了後もスムーズな運営ができるように手厚くサポート
資料ダウンロード